読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31歳自営業妻の東京からドイツ駐在までの道

東京在住・自営業・31歳です。3月に第一子 (男)出産しました!

わたしの妊活日記 終わりに

妊活日記はこれで終わり。

次からは妊婦生活日記、かな?

プレママとか可愛らしいネームがいいかなぁ。

なんて(^ ^)

f:id:smile-peco1122:20160920024436j:image

この夏は自分との戦いでした。

 

初夏の父から癌闘病の始まりを告げられ

悲しみにくれた。

でも、新しい命を授かって…。

 

お盆休みは10日間ほど長めに実家に滞在

しました。わたしの帰省と重なるように

父親は入院でした。

 

その前も入退院を繰り返してましたが…。

 

抗ガン剤で髪の毛が抜けて…。

病気と戦う父に励まされるような気持ちでした。

 

つわりは病気ではい。分かっているけど

体感するものはなかなか辛くて…

夏の暑さもプラスされて。

今年の夏はいつもより更に暑く、長く

感じました。

 

子供なんていつでもできるものだと思ってました。

これだけちまたで「できちゃった婚

が多くある中で、自分だっていつでも

妊娠できると思ってました。

 

…でも。

妊娠できる確率って、健康な20代の男女ですら

20%の割合らしいです。

1年以内に90%くらい。

 

30代だと確率は徐々に落ちていきます。

36歳を過ぎると医学的には高齢出産となるのです。

 

結構して7ヶ月、妊活半年で赤ちゃんを

授かったわたし。

 

周りからは、人生上手くいってるね!

とよく言われます。

 

恩師にも、

あなたは素敵で優秀な旦那

さんと出会えて、子供にも恵まれて

絵に描いたような勝ち組よ!って…

 

そうなの?

そう見えるの?

 

わたしたちの妊活は半年間でしたけど

その6ヶ月だって、まるで終わりのないトンネル

のような…そんな思いでした。

 

1ヶ月目、2ヶ月目は、難しいね〜って、

3ヶ月目で、今回もかぁ…って、

4ヶ月目でどんどん不安になって…

5ヶ月目には不妊治療が頭をよぎる…

 

そして半年目。今回だめだったら病院で

タイミング法からでもいいから始めよう

って、本気で思ってました。

 

そんな時の妊娠発覚。

たった半年かもしれないけど、

とても長く感じました。

 

 

もう1人だけの身体ではないので

自分を労わりながら出産に備えます。

 

残念ながら、まだ母親になる実感とか

赤ちゃん楽しみ〜♡

って感じではないです(;^_^A

 

つわりもまだあるし、

仕事関係の問題は山積みだし…

まだまだ乗り越えていくこともたくさん。

 

でも、

 

赤ちゃんのために、

旦那さんのために、

 

病気と戦う父、母、

 

支えてくれる周りの方々に感謝を持ちながら

助けてもらいながら乗り越えていこうと

思ってます。